ヘルスケアの最近の記事

アンチエイジングを意識した水分補給とは

アンチエイジングを考える際には、飲む水についても、しっかりと選ぶことはとても大切です。

美容と健康にとりわけ敏感なモデルさんや芸能人には、普段飲んでいるミネラルウォーターにもこだわりを持っている方が少なくありません。

私たちの体は、成人で60%ほどが水分ですし、スムーズな新陳代謝のためにも水分補給はとても大切であることは言うまでもないことです。

最近では水道水をそのまま飲む方は少ないと思いますが、水道水は発がん性が疑われるトリハロメタンや赤さび、細菌類に汚染されている可能性もありますから、できるだけ避けたいところです。

多くの方は水道の蛇口に浄水器をつけたり、ビルトイン式としてキッチン下に浄水器を設置したりといったケースが多いと思いますが、いくら浄水器で有害物質やお水をまずくする物質が取り除かれているとしても、原水が水道水であることに変わりはなく、健康を意識した水分補給を考えればあまりおすすめできません。

日本の水道は世界的にみても厳格に管理された非常に高品質な水と言われていますが、それは浄水場で徹底した殺菌、消毒処理がなされているからで、確かに雑菌、細菌類がほとんど残っていないという意味で安全な水と言えますが、健康のための水分補給、お水で健康管理をするという視点から考えれば、決してお勧めできるものではありません。

味わいという点からも、水道水は塩素等の各種薬品類で殺菌消毒されていますから、天然水と比べれば味は落ちますし、水の組成が変わってしまっているので、体へのやさしさと言う意味でも天然水に軍配が上がります。

健康面を考えればおすすめのお水は、人間の体液のイオンバランスに近い弱アルカリ性の軟水天然水です。

市販のミネラルウォーター類でも、しっかりと探せばこうした弱アルカリ性のイオン水はありますが、店頭に並ぶミネラルウォーター類は保存性を考慮して加熱殺菌しているため、水の組成が変わってしまっているのが残念なところです。

非加熱の天然水は一部の小規模事業者が通信販売しているケースがありますが、お値段も高めのため、なかなか続けにくいのではないでしょうか?

健康を意識して上手に水分補給するならば、非加熱天然水を宅配してくれるウォーターサーバーがおすすめです。

気になるお値段ですが、ウォーターサーバー本体のレンタル料は無料で、お水の代金のみという価格設定が多く、1リットルで1リットルで157円、500ミリペットボトルで78.5円ですからコンビニエンスストアでペットボトルのミネラルウォーターを買う感覚でしょう。

また、ウォーターサーバーはおいしくて健康に良いお水が飲めるだけでなく、冷たいお水も熱いお湯もすぐに出るので、お茶やコーヒーもすぐに用意できますし、赤ちゃんのいるご家庭ならミルクづくりにも便利です。

美容と健康を意識するならば、どんな水を飲むかをじっくり考えてみましょう。

良質な非加熱天然水を配達してくれるウォーターサーバーで、美容と健康を体の内側からサポートするということから始めてみませんか。

人は血管から老いるってどういうこと?


「人は血管から老いる」という言葉を聞いたことはありませんか。

これは、一見するとそれほど年をとっているようには見えなくとも、血管の老化が進んでいるケースが多いということを言っているのです。

私たちの体のすみずみにまで張り巡らされている血管は、そこを流れる血液に酸素と栄養を乗せて、体中の細胞に送り届けるいわばゴムホースのようなものです。

このゴムホースが柔らかくしなやかであれば、血液もスムーズに流れるのですが、何らかの理由で硬くなったり、内壁がザラついたり、傷がつくと、血液の流れが悪くなります。

血管の老化とは血管が硬くなる、動脈硬化が進むということです。

柔らかな血管は心臓から勢いよく出された血液の圧力に耐えられまずが、硬い血管だともろくなり、血管の内壁が傷んできたり、最悪の場合には、血管が破れてしまうことさえあります。

また、血管の内壁がザラつくと、そこに血液に含まれる血小板が集まって、傷口をふさぐようにでこぼこができてきます。

血液自体がドロドロとした状態であれば、内壁にどんどん血液が糊のように付着していき、内壁はどんどん狭くなっていき、血栓というように血管がふさがれてしまいます。

脳こうそくや心筋梗塞などの命にかかわる病気は、このような血管と血液の老化と深い関係があるのです。

病気だけでなく美容の面からも血管を若々しく保つことは大切です。

お肌をハリのあるつややかな状態に保つには、お肌の細胞に新鮮な酸素と栄養を届ける必要があります。

お肌の細胞に新鮮な酸素と栄養を届けるのも、お肌の奥に張り巡らされた毛細血管とそこを流れる血液です。

つまり、血管を若々しく保つこと、血管を柔らかく保ち、血液をサラサラと流してあげることが美容と健康のためのキーポイントと言えるのです。

血管を若々しく保つためには様々なことに気を配る必要がありますが、簡単にお話ししておきましょう。

食事と運動、睡眠、ストレスコントロールなど生活全般を見直して血管に悪いことをしていないかを常に気を配ることです。

さまざまな健康関連のメディア情報などでみなさんひととおり情報に接しているはずだと思いますが、生活習慣というものは人それぞれで、健康のためにこうしなければならないと理屈ではわかっていても、現実はなかなかうまくいかないものです。

当サイトでは、食生活を含めたこれらの生活習慣について、どのように考えればよいのかを詳しくお話ししていきます。

ぜひ参考にしてください。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちヘルスケアカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはサプリメントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ